2019年6月18日(火)
子供は親をどう見ているか タイプ3
img01

◆タイプ3の子供は親をどう受け止めているか


 タイプ3の子どもは家族の中で自分がヒーロー、ヒロインになろうとします。とくに母親が自分に望むことをキャッチし、母親が誇りとするような人間になろうとする傾向があります。母親的存在(母親像)に対して、比較的肯定的な見方をしています。

 どんな家庭も多かれ少なかれ、他人には知られたくないような、その家庭なりの事情があるものです。タイプ3の子どもは、なんとなくそのことが家族のなかで恥となっているようなことや、家族の中だけの秘密であることが暗黙の了解となっていることに対して敏感なところがあるようです。そこで、自分が社会で認められるような価値ある人間になって、その恥や秘密を克服しようとするわけです。

 もっとも、タイプ3の家庭が必ずしも、じっさいに何か大きな問題を抱えているとは限りません。むしろ、傍目には裕福そうな家庭であったり、「恵まれている」と見なされるような家庭、「何の問題もない家庭」「理想の家族」と見なされるような家であったとしても、タイプ3の子どもの感受性が何かを感じ取るのです。家族の問題は二代、三代と世代をまたいで受け継がれるものです。

 タイプ3はエニアグラムの9つのタイプのうちでも、もっとも上昇志向の強いタイプです。また、自分のやりたいことを要領よく成し遂げようとします。

 タイプ3の子どもは、やる気があって、親の期待に沿ってがんばるわけですから、そういう意味ではあまり心配はいらないでしょう。ただ、その子が将来なりたいものと、親が期待するものがかけ離れていたら、タイプ3の子どもは大人になってから、たとえ親の望むとおりの生き方をして世の中から成功した人生と見なされたとしても、自分は本当にやりたいことをやってこなかったという思いを持つかもしれません。




◆タイプ3 の子供は親をどう受け止めているか
インタビューより


 「父は仕事があるからというのもありましたし、母が身近ですね。母が着物を仕立てたり、洋服を縫っているのを手伝ったりしたので、わたしも洋裁が得意です。他の子もいるし、母がわたしの世話をできないときは、伯母がカバーしてくれていました。
  独身で働いている伯母がいて、その伯母がデパートに買い物に行ったり、洋服を買いに行くときに、よく一緒に連れて行ってもらいました。なぜか、旅行も母と伯母とわたしと三人で行ったりしましたね。」タイプ3女性 

 「母からは、勉強しろとかほとんど言われたことがありません。母は自分がほめられたりするとすぐ機嫌がよくなってわかりやすい人なのですが、自分が苦労した話はよくします。
父は事業は成功したけれど、家では家族に対して暴君のように振舞っていました。そんな父のことを、母はわたしはこんなパパと結婚して、こんな思いをした、あんな思いをしたと。うちの母も普通の人間ですから、お母さん大変だったねといってほしい。
  お金には困らなかったので、趣味はたくさんありますし、着物とかも自由に作ったりして、お花、日本舞踊、三味線、カラオケなど、ありとあらゆる習い事をしていました。美容院にもつねに行ってました。
  でも、かといって仲のいい友達がいるかといったら、あんまり深くは付き合わないんです。母がわたしにぽろっと言ったのは、あんまり深く付き合ってうちのパパのことがばれたらいやだからと。
  言う人もいるらしいんですよ、母のお友達のなかには。うちの息子がああでこうでとか、うちの主人がやれこうでしょうがないのと。母はそういうのを聞いて、あらあらそんなこと他人に言っちゃって。自分は主婦として家のなかのいざこざを他人様に言ったりしないわと。
 母は自分が苦労しているし、我慢しているという自負もあるので、わたしはこれだけはやっているという自信を持ってうちの父と暮らしていけたのだと思います。従業員の人たちが頼ってくるのも母ですし、どんな仲介にも母がいないと話が成立しなかったんですよ。だから、父は母には頭があがらない。そういうのがあったので、わたしは母には一目置いているんですね。ふつうのおばさんですけど」タイプ3 女性 


 【子供は親をどう見ているかLINK】

 →子供は親をどう見ているか はじめに/
 →子供は親をどう見ているか タイプ1/
 →子供は親をどう見ているか タイプ2/
 →子供は親をどう見ているか タイプ3/
 →子供は親をどう見ているか タイプ4/
 →子供は親をどう見ているか タイプ5/
 →子供は親をどう見ているか タイプ6/
 →子供は親をどう見ているか タイプ7/
 →子供は親をどう見ているか タイプ8/
 →子供は親をどう見ているか タイプ9/
 
最新の記事