2018年11月20日(火)
性格タイプのエニアグラム 各タイプの強みと弱み
img01

9つの性格タイプの特徴
その性格の長所・短所 あるいは強みと弱み



タイプ1 完全さを求める人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 理想が高く、自分に対する要求水準の高い人です。つねに一段高いところにハードルを置き、そのハードルを乗り越えるために一生懸命努力しています。真面目で責任感が強く、勤勉なところのあるタイプです。

 社会の秩序を重んじ、良識的で、自分はつねに正しくあろうとします。自分に厳しく、禁欲的なところがあり、いつも「やるべきこと」「やらなければならないこと」を優先的に行っています。

 何事も完璧にやりとげなければ気がすまず、いったん手をつけたことは、こつこつと粘り強くやり遂げようとします。途中で投げ出したり、手抜きをするようなことはありません。

 また、正義感が強く、世の中の不正や不平等を許さず、社会を改善し、人々を正しい方向に導いていくために、自分から行動を起そうとすることもあります。

 家族や友人に対して誠実で、情に厚く、とくに古くからの友人を大切にします。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 何事にも完璧を求めるため、現状に不満を抱きやすいところがあります。自分のしたことについては、あれでよかったかどうかと後悔したり、いつまでもクヨクヨ悩み、なかなか前向きになれません。自分に対する要求水準が高すぎ、こんなこともできないのかと、自己嫌悪に陥ることもあります。

 仕事や作業などいったん手をつけたことは、完璧にやり遂げようとするあまり、適当なところで切り上げることができず、細部にこだわりすぎたり、いつまでも抱え込んでいたり、期限に遅れてしまう場合があります。

 自分に厳しい以上に他人に厳しく、人の欠点をあげつらったり、人の間違いを指摘して、まるで自分が裁判官にでもなったかのように、他人を裁くことがあります。

 自分に対するこだわりが強く、頑固で融通のきかない面があります。他人の気持ちには鈍感で、原理原則を優先しがち。柔軟な対応ができにくい面があります。

 欲求不満に陥りやすく、腹の中に怒りを溜め込み、自分に対しても他人に対してもイライラしているようなところがあります。


タイプ2 人を助ける人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】
 
 誰にでも親切で思いやりがあり、人に対する気配りのできる人です。一人ひとりの人との、親密な心のふれあいを求め、温かい気持ちの通い合いを大切にします。

 気前がよく、人にモノを与えたり、人をもてなしたり、人を喜ばせるようなことが得意です。世話好きで、自分のことよりも、人のことをまず第一に考える人です。困っている人や助けが必要な人がいると、自分のことは後回しにしても、その人のためにやれることをやってあげようとします。

 お年寄りや小さな子供にまで目配りができ、とくに社会的な弱者といわれるような人々に対する同情心に厚く、すすんでそういう人たちの友となろうとます。そして、困難な状況にある人を援助するために、ボランティア精神を発揮して労を惜しまず働きます。

 また、人に寄り添い、人の話にじっくりと耳を傾け、悩みを抱えている人の相談相手になってあげることができます。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】
 
 人から必要とされたいために、やたらと人に親切にしたり、頼まれもしないのに人の世話を焼こうとしたり、余計なお節介が多くなりがち。他人の顔色をうかがい、相手の気を引くためにお世辞やおべっかを使うことがあります。
 人のことを根掘り葉掘り尋ねたりして、他人のプライバシーに踏み込みすぎる場合があります。自分が世話した相手から感謝の見返りを求めることがあり、思い通りに感謝されないと、「あんなにしてあげたのに、礼もいわれない」と恨みがましく思い、相手を「恩知らず」のように言うことがあります。

 また、相手に対して、「かわいそうね」と過剰に同情心を示したり、自分が助けてやらなければ一人では何もできないだろうといった態度を取り、人を見下すような高慢な態度に出て、相手のプライドを傷つけることがあります。

 一人になると自分が何をしたいのかわからず、自分から誰かのところにご機嫌うかがいに出かけていくようなところがあります。
 

タイプ3 成功を求める人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】
 
 有能で魅力的といった理想の自己イメージを持ち、その自己イメージに合わせて最高の自分を演出しようとします。自分の能力やキャリアを磨くことに熱心で、つねに何か目標を持ち、目標達成のための努力を怠りません。

 じっさい、目標達成能力があり、かなりのハードワークにも耐え、社会的な成功を勝ち取ろうとします。野心が強く、つねにワンランク上の生活を目指しています。競争社会を生き抜いていける人です。

 現実的で行動力があり、やるべきことはテキパキと効率よくこなします。人前では自信に満ち、何事にもフレキシブルに対応することができます。

 企画力、説得力があり、自分や他人を売り込むのが上手です。グループのなかではリーダー的な存在となり、自分が中心になってチームを引っ張っていくことができます。人脈作りに積極的で、ビジネスライクな人間関係を好み、互いに役立つような関係を築いていこうとします。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 何事も効率重視で、外見が整っていればそれでよしとし、中味に手抜きがあったり、誠実さに欠ける仕事をすることがあります。見栄やはったりが多く、見かけ倒しのところがあります。

 目的のためには手段を選ばず、そのために人を利用したり、嘘をつくこともあります。競争心が強く、自分が優位にたちたいために、ライバルを蹴落とすようなことをすることもあります。

 つねに自分中心で、自分をひけらかすような自慢話が多く、人を外見や学歴、地位、肩書きだけで判断しやすい面があり、物質的な価値観にとらわれています。

 人前では、自分をよく見せるために実際以上に自分を膨らませ、つねに演技をしているようなところがあります。そのため、ほんとうの自分を出せず、たえず仮面をかぶったような状態で、人と個人的に親密になることが難しい面があります。

 ワーカホリックになりやすい傾向があり、仕事などのために自分の健康やプライベートな生活を犠牲にしかねないところがあります。


タイプ4 個性的でありたい人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 情緒豊かで、想像力があり、繊細な感受性を持つ人です。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも感動と潤いを見出すことができます。

 美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところがあります。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。

 自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとします。世の中の価値観や道徳観念に縛られず、自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを自分なりの仕方で表現することができます。そして、しばしばそれが他人の心を打つものとなることがあり、芸術家的な才能を発揮する人もいます。

 また、人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。
 
【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】
 
 そのときどきの気分や感情に支配されやすく、気分屋で不安定な面があります。物の見方が主観的になりがちで、自分の感性に合わないものは全否定し、感性に合うものだけを受け入れ評価するようなところがあります。

 ことさら自分は他の人とは違う、特別な人間だという思い込みを抱いています。そして、周囲の人を平凡で無個性な俗物と見なす傾向があります。その一方、自分にない才能や個性をもっている人に対しては、妬みの気持ちを抱いています。

 抑うつ的な気分になって、暗く自分のなかに引きこもることもありますが、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることがあります。自意識過剰で、自己陶酔的になりやすい面があります。

 自分の人生はまだ始まっていないといった感覚があり、いまの自分は世をしのぶ借りの姿と思い込んでいることがあります。いつまでも思春期のような自我を持ち、社会的役割や責任からはまぬがれていようとします。


タイプ5 観察する人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 独創性があり、頭の中に独自の内面世界を持っています。冷静で思慮深く、理性的で、物事を客観的に見ることのできる人です。非常に集中力があり、研究熱心。自分が興味を持った事に関しては、とことん追求していく粘りがあります。
  
 何事も論理的に筋道立てて考え、知識や情報を集めて総合的かつ分析的に理解する能力を持っています。既成の価値観やものの見方にとらわれず、自分の頭で納得できるまで考えます。

そのため、ふつうの人の常識の範囲にはとどまらず、まったく新しい考え方や発想を持つことがあり、周囲の人々をあっと言わせることがあります。直観力やひらめきに優れた人です。

 欲がなく、少ないものでやっていくことができ、自給自足的な生活を好む人もいます。孤独を愛し、感情的には非常にピュアです。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 何事も頭で納得しなければ気がすまず、理屈っぽく、偏屈なところがあります。細部にこだわりすぎ、全体が見えなくなることがあります。

 自分が興味を持っている世界のことはとことん追求しようとしますが、それ以外のことには無関心といったところがあり、興味の範囲が狭く深くになりがち。いわゆるオタクっぽい人になる傾向があります。

 他人の気持ちを理解せず、ときに冷淡で無感動な印象を与えることがあります。人に煩わされるのが嫌で、最低限の付き合いも避けようとし、頭の中の世界やバーチャルな世界に引きこもりがちです。

 何事にもケチで出し惜しみするところがあり、自分の持っている知識や情報を溜め込み、他の人に分け与えないようなところがあります。

 感情的な面でも自分の気持ちを出し惜しみし、自分から相手に思いやりを示したり、気持ちを分かち合うようなことをしようとしません。プライベートな面では秘密主義です。  


タイプ6 忠実な人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 責任感が強く、義務に忠実で、謙虚なところのある人です。規則や約束事をよく守ります。やるべきことは手順や段取りどおりに、きちんきちんとやっていきます。几帳面で、つねに自分の身の回りの整理整頓を心がけています。

 何事にも慎重で、注意深く、行動に移る前に安全かどうかを確認します。しかし、いざというときになると、誰よりも勇敢に行動することがあります。慎重かつ大胆な人なのです。

 自分が所属する組織や団体の一員として誇りを持ち、その組織や団体のためによく働きます。また、そのメンバーとは仲間意識でつながろうとし、誠実に接します。

 上下関係など人間関係に気を使い、目上の人には丁寧に礼儀正しく接し、目下の人には先輩として取るべき立場を取ろうとします。

 セキュリテイに関する能力が発達していて、起こりうるすべての問題を想定し、問題が起きる前に防衛策を考えることが出来ます。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 規則やルールにとらわれ、杓子定規に物事を処理しようとします。決断力にとぼしく、優柔不断な面があります。自分の意見や考えを持たず、周りの人の意向をうかがい、行動するようなところがあります。

 自分の外に権威となるものを求め、その権威に従おうとします。たとえば、自分が所属している組織の価値観やカリスマ的な人物の教え、何らかの信念や信条など。そういったものを鵜呑みにし、寄りかかろうとします。それゆえ、洗脳されやすい傾向があります。

 不安にかられやすく、不安になると意味のない行動にかりたてられ、右往左往しているだけのことがあります。人に対しては猜疑心が強く、疑い深いところがあり、表面では親しくしていても、なかなか人を信用しないところがあります。

 保守的で頭が固く、自分たちとは異なる価値観を持つ人々や異質なものを受け入れることができにくい面があります。グループのなかでは派閥を作りやすく、自分の気に入らない人を仲間はずれにしたり、グループから追い出そうとすることがあります。



 
タイプ7 楽天的な人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 明るく社交的で、好奇心旺盛。自分が興味を持ったことはなんでもやってみようとします。フットワークが軽く、行動的で、自分から積極的にいろんな場所に出かけていきます。好きなことには熱中しやすく、冒険を好み、いつも元気に飛び回っている人です。

 きわめて楽天的で、つねに物事の明るい面を見ようとし、どんなときにも希望を失いません。子供のような無邪気な遊び心があり、人生を大いに楽しむことのできる人です。

 頭の回転が速く、すぐに切り替えができ、幾つかのことを同時にやれる器用さをもっています。アイデア豊富で、頭の中では次々と新しい計画を立てています。

 出会った人とはすぐ友達になれ、誰とでもこだわりなく付き合えます。場を盛り上げることが得意で、自分が楽しむと同時に、周囲の人を楽しませ、元気づけることができます。
 
【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 面白そうなことにはすぐ飛びつきますが、飽きっぽいところがあり、熱しやすく覚めやすい面があります。集中力、忍耐力に欠け、物事がなかなか長続きしません。

 一つのところにじっとしていられず、目の前のことより他のことに気を取られやすく、落ち着きがありません。いまここの出来事には上の空で、つねに先のこと、とくに先の楽しみについて考えているようなところがあります。

 アイデア豊富で、次々と面白そうなことや新しいことを思いつきますが、実行力に欠け、アイデア倒れ、計画倒れになりやすい面があります。

 いつもハッピーな気分でいたいため、欲しいものは何でも手に入れたくなり、あれもこれもを求めます。衝動買いや浪費に走りやすい傾向があります。

 嫌なことはなるべく避けて通ろうとし、自分だけよければいいという発想で、無責任なところがあります。また、困難な現実からは目をそらせ、辛いことや苦しいことは見ないようにしています。そのため、人間的な深みに欠け、軽薄な印象を与えることがあります。対人関係は広く浅くになりがちです。


タイプ8 挑戦する人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 エネルギッシュで意志が強く、決断力のある人です。行動力、実行力があり、いったん決めたことは必ずやり遂げようとします。その場を仕切り、全体を見ながら、人を引っ張っていく力があります。度量が大きく、人や物事を動かすことができ、その意味でリーダーシップを発揮することができます。

 自分の人生は自分で切り開くといったところがあり、チャレンジ精神旺盛で、何かに意義を見出したら、リスクの高いことにも挑戦します。むしろ何かリスクがある方が、やりがいを感じるといった面があります。逆境に強く、どんなときにもへこたれません。

 人に対しては裏表がなく率直で、どんな人に対しても同じ態度を取ります。人は人、自分は自分で、ゴーイング・マイウエイのところがありますが、人に頼られると放っておけず、面倒見のよいところがあります。社会で少数者として差別を受け、虐げられているマイノリティへの共感が強く、そういった人たちの味方になろうとします。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】

 気が短く、忍耐力に欠けています。発想が短絡的で、物事を単純化しすぎる傾向があります。人に対しては初めから、挑戦的で敵対的な構えを見せ、喧嘩っ早いところがあります。

 力づくで自分の意思を押しとおそうとし、他人の事情や他人の気持ちを顧みないところがあります。自分がボスになりたがり、周りの人を従わせようとして、偉そうな態度を取ることがあります。

 協調性がなく、人に合わせることができません。がさつでデリカシーに欠け、場をわかせたいためだけに、わざと不謹慎な事を口にしたり、思ったことをずけずけ言って、周囲のひんしゅくをかったり、人を傷つけることがあります。

 人に弱みを見せるとつけこまれると思い、必要以上に強がっている面があります。自分のなかのナイーブな感情を押し殺し、人との気持ちの触れ合うような付き合いをしようとしません。人に対して復讐心を抱きやすく、されたことをいつまでも執念深く覚えています。


タイプ9 平和を求める人

【性格のポジテイブな面(長所や強みとなっているところ)】

 情緒的に安定していて落ち着きのある人です。いつもゆったりと構え、どんなときにも焦らずあわてず、マイペース。素朴で飾らず、自然体のところがあり、周囲の人をほっとさせます。場の雰囲気をなごませ、人の気持ちをも落ち着かせてくれるような、独特の暖かみを感じさせる人です。

 争いや対立を好まず、どんな人をも肯定的に受け入れようとします。人の話にじっくりと耳を傾け、相手の言うことを否定せずに聞けるので、よき相談相手になれます。

 また、対立するグループや派閥を超えて、誰の味方にもなれ、人と人との橋渡しをすることができます。揉め事や争いごとの調停役となったり、物事を丸くおさめ、平和的な解決をはかるためのネゴシエーターとなれる人です。

 何事も手をつけるまでには時間がかかりますが、いったん動き出すと大きな力を発揮し、粘り強くやり遂げることができます。他の人よりも長い時間のスパンで物事をとらえ、何年もかかって一つのことを成し遂げることもあります。

【性格のネガテイブな面(短所や弱みとなっているところ)】
 
 変化や刺激をこのまず、事なかれ主義のところがあります。自分から積極的に何かをしようという意欲に欠け、決まりきったことをだらだらと続けていくような生活になりがち。なかなか新しいことをやろうとしたり、物事に挑戦しようとしません。

 物事を過小評価し、別にたいしたことではないと考えがち。自己評価も低くなりがちで、自分は別にたいした人間ではないと思い込みがちな面があります。他人が大切にしているものを過小評価し、見くびる傾向があります。

 人間関係は、内面の平和と安定をかき乱されるのがいやで、なるべく葛藤を避けようとします。自分では何も考えようとせず、他人の意見に同調しやすいところがあります。人に頼まれたことは「ノー」といえず、やる気もないのに相手に期待を持たせ、相手に迷惑をかけたり、そのために相手との関係がまずくなってしまうことがあります。また、誰に対してもいい返事をし、後で自分が困ることになる場合があります。

 身体的にも精神的にも怠惰で、何事も面倒くさがり、何かあっても事態を楽観的に考え、何もしないでいるうちに後で返って面倒なことになる場合があります。



 

最新の記事