◆エニアグラムヨガ20183月エニアグラムヨガ™

3月の開催日 3月14日(水)、3月28日(水)午後6時半~9時半

2017年より本格的にエニアグラムヨガ™のワークショップを開催しています。現在、エニアグラムヨガ™(中嶋真澄開発)は、古今東西文化研究会(代表:赤見淑子氏)との連携で、中野区での月2回の定期開催を予定しています。ご興味のある方はご連絡ください。

※ご案内 こちらからダウンロードできます。→◆エニアグラムヨガ20183月

 

 

 

 

3月の開催日:
3月14日(水)
3月28日(水)
いずれも午後6時半~9時半
場所:中野ZEROホール西館
〒164-0001中野区中野2丁目9番7号なかのZERO
(JR中野駅南口徒歩7分)
参加費:1000円
(現在モニター価格にて
エニアグラムレクチャー&ヨガ含めて1000円です)

 


  • 用意していただくもの:ヨガのできる服装 (基本的に体操着のようなものでOK、めくれ上がらないものがいいでしょう。バスタオル・タオル。ヨガマットお持ちの方、ご持参ください。 )お持ちでない方、事前にご連絡ください。
  • ※お水をご用意ください。ペットボトル200mlが目安です。
  • ※参加ご予定の方は前日までに、必ずご連絡ください。

内容

◆エニアグラムは人間とは何かについての深い洞察を行った古代の賢人たちの知恵と現代心理学・精神医学の研究が統合された古くて新しい人間学です。私たちの性格を9つのタイプに分類し、それぞれのタイプの特質を探っていきます。
◆人は性格が違うと考え方や感じ方、行動パターンも違ってきます。価値観そのものが大きく異なる場合もあります。そのことを理解しているかいないかで、自分自身の態度ふるまい、また周囲の人との関係なども大きく違ってきます。
◆自分の性格が好きになれない、なんとなく生きにくい、自分の長所をうまく生かしたい、自分にはどんな潜在能力があるのか知りたい、パートナーとの関係や親子関係を良くしたい、どうしたら職場の人間関係や人とのコミュニケーションがうまくいくのか、役立つヒントが欲しい。そういう方にエニアグラムはおすすめの人間学です。エニアグラムの変容のためのワークではとりわけ、「いまここ」にいることが大事にされます。

◆エニアグラム・ヨガはエニアグラムの人間学をベースにしながら、自己探求を深めるための瞑想とヨガのアーサナ(からだを動かすヨガのポーズ)を行っていくものです。心と体は一つです。エニアグラム・ヨガは「いまここ」にいる自分を大切にし、心と体の両面からアプローチをかけ、私たちが本来もっているこころとからだのつながりを取り戻すことを目指します。

<エニアグラムヨガ開催にいたるまでの経緯について>

エニアグラムで自分自身の本質に目を向ける、自分とのつながりを取り戻すということにおいて、自己観察ということが大切だということ、 そして「いまここ」にとどまることが大切だと、私たちは リソ&ハドソン先生から学んできました。

リソ&ハドソンのエニアグラムでは アンドレア・アイザックさんのエニアモーションをトレーニングコースに 取り入れるなどしており、私も何度か参加しました。それ自体はとても興味深く、ボディワークとしてすばらしいのですが、 さて、日常の生活にそれをどう取り入れていくかというと これがなかなかむずかしいのです。

毎月のエニアグラムサロンでも、 そういったボディワークは取り入れにくい面があります。 そこで「いまここ」のワークとして、エニアグラムヨガを開始することになりました。


インストラクター資格

エニアグラムの気づきをより深めるために、長年エニアグラムの研究に取り組んできたエニアグラムアソシエイツ主宰・一般社団法人エニアグラム・コミュニケーション・ラボ副理事の中嶋真澄が、自らヨガインストラクターの資格(RYT200)*を取得し、開発したものです。初めて体験される方には、エニアグラムの基礎知識とご自分のタイプを判定する手掛かりをお伝えしつつ、内面への気づきを向けるためのやさしいヨガ・ポーズをご一緒に行ってまいりたいと思っています。

*RYT(Registered Yoga Teacher)はヨガアライアンスに登録されたヨガ教師です。ヨガアライアンスは、ヨガコミュニティを代表する最大の非営利団体で、協会の本部は米国バージニア州にあります。当団体の使命は、ヨガの教えの完全性と多様性を促進し、サポートすることです。

中嶋真澄 YMCメディカルトレーナースクールヨガインストラクターコース2級・1級卒、シニアヨガインストラクターコース、フェイシャルヨガ取得。RYT(全米ヨガアライアンス)200取得。より安全で快適なアーサナ(ヨガのポーズ)の取り方をお伝えします。