エニアグラムは9つの基本に分けられるのですが、さらに各タイプにはタイプの両隣にあるタイプの影響を受けています。同じタイプでも、その両隣のどちらか一方により近いということがあります。

たとえば、同じタイプ2の人でも、よりタイプ1に近い人とよりタイプ3に近い人がいると考えられます。そうすると前者はタイプ1と共通した特徴を持ち、後者はタイプ3と共通した特徴を持つことになります。

ウイングのサブタイプは、各タイプの両隣の必ずどちらか一方をさし、それによってエニアグラムの9つのタイプは、合計18のサブタイプに分類されることになります。

ウィングのタイプ

ウイングは両隣のタイプを言います。ちょうど、鳥が羽根を広げているようなイメージです。両隣以外のタイプはウイングとはいいません。たとえば、タイプ1にとってのウイングは9か2であり、タイプ1で4がウイングとか、6がウイングというような考え方はしません。両隣以外のタイプはウイングとは呼びません。

ウイングの影響は人によって違い、両隣の両方のウイングの影響を持っているように感じられる人もいれば、どちらか一方の影響をより強く感じる人、またあまりウイングの影響は感じられない人もいるようです。

わたしたちは矛盾したものを内面に抱えています。何か両極端なものが自分自身を引っ張り合う、引き裂かれた自分を感じることもあるのではないでしょうか。ウイングのサブタイプは自分がどこで引き裂かれるか、内部の相矛盾するところ、またその矛盾した内面の葛藤がどこからくるのかを明らかにしてくれます。ウイングのサブタイプについてみていくと、9タイプではしっくりこなかった自分の性格がよりわかりやすくなってくるでしょう。

たとえば、タイプ1を例にとってみると、タイプ1は完全でありたいという欲求が強く、いわば完全主義者であります。内的な動機は正しくありたい、間違ったことをしたくない、物事をいい方にもっていきたい、改革したいということがあります。

動機は同じでありながら、タイプ1のウイングが9の人は、タイプ9の持つ傾向をタイプ2のウイングを持つタイプ1の人より、より多く併せ持っていることになります。タイプ9は本能センターの真ん中にあるタイプであり、タイプ2のウイングを持つタイプ1より、より本能的なタイプといえるでしょう。2のウイングを持つタイプ1は、タイプ2が感情センターのタイプであるため、よりフィーリングのタイプの影響を受けています。

さらに、タイプ1で9のウイングを持つ人は、タイプ9の影響として、人から離れる遊離傾向があるため、タイプ2のウイングを持つタイプ1の人よりもより一人でいる傾向が強く、個人的な関係よりも理想主義的、夢想家的なところがあるといえるでしょう。

一方、タイプ2のウイングを持つタイプ1は、タイプ2の[人と個人的に親密に関わりたい」という欲求への傾きが強く、そのため関心はより個人的なところに向かっています。そして、タイプ1の批判的傾向が周りの人に向けられ、人と親密になりたいという傾向と同時に、人に対する批判的なまなざし、さらに個人をよりよい方向に導いていきたいという傾向となってあらわれます。

ここには明らかな葛藤が見られるでしょう。人を受け入れようとする気持と、批判的になりやすい傾向ーーその両者はなかなか相容れないものです。

そこで、2のウイングを持つタイプ1は、9のウイングを持つタイプ1よりも対人関係の問題により、その関心と葛藤が生じることになるわけです。

職業適性でいえば、たとえばタイプ9のウイングを持つタイプ1は自然、なにか大きな理想、環境問題などに向かいやすく、タイプ2のウイングを持つタイプ1は他人を弁護する、指導するといったことに関心が向かい、やりがいを感じるのではないでしょうか。。

自分自身のタイプをより的確に絞り込むために、ウイングのサブタイプを考慮に入れるとよいでしょう。

ウイングをどうやって特定するのか、これにはまず9タイプのうち自分がどのタイプであるか、その基本となるタイプを見つけなければなりません。