エニアグラム・コミュニケーション・セミナー第4回(5月27日土曜日)のお知らせ

<エニアグラムコミュニケーションセミナー(5月27日)開催のご案内>

新設 社団法人エニアグラム・コミュニケション・ラボ(ECL)によるエニアグラムを活用した自己再認識、他者理解、コミュニケーション、問題解決法、適材適所など、今までの思考・行動パターンを振り返り、今後の理解、思考、行動に有益なマインドセットができるセミナーです。

今回は、第4回目です。
職場や仕事、役割としての自分が身に着けているペルソナ(仮面)と本来の自分の性格は同じかどうか。
人とのかかわりの中でふだん意識せずにやっていること、無意識のうちに他人に期待していること、思い込みを取り外し、リアルな関係をみつめ、個人としてのコミュニケーションスキルを高めていくヒントを提供します。

【今後のトレンドのヒント】

今後は、AIによるコンピューターと人間の仕事のすみ分け、海外人材の活用による仕事のすみ分け、アウトソーシング活用による仕事のすみ分けが進む。
しかも、雇用責任に対して問題視する風潮が、正社員活用を妨げていく結果となっていくでしょう。そうなると、小さな組織が乱立していくことになるのであるが、そこで問題になっていくのがそれぞれの組織の連携。
その連携に欠かせないものが、それぞれの意思疎通や伝達などのコミュニケション。
しかし、コミュニケーション力がキーになるにもかかわらず、それぞれ個人間のかかわりは薄くなっていく一方です。

これからの時代を乗り切るためにもっと「ひと」を知るべきです。
その「ひと」を知り、自分を知り、どう生きていくか?活動すべきか?どうかかわりを持つべきか?
そういった生きていくヒントに本ワークが役に立つものと思います。

ビジネスにおいての社内外のやりとり、プライベートのコミュニケーションに有益なワークになるでしょう。

【おすすめ】

セミナー風景

  • 就活学生
  • ビジネスマン・マネジメント
  • 社内外のコミュニケーションに悩んでいる方
  • 部下とのコミュニケーションに悩んでいる方
  • 親子のコミュニケーションに悩んでいる方

などに、非常に役に立つワークです。

【ワーク内容】

  • 自分のタイプを絞り込むためのヒント
  • 各タイプの深層にある欲求と恐れ
  • 自己イメージと他者との関係
  • コミュニケーションの仕方・傾向
  • 性格の違いによる相性はあるのか?
  • 良好なコミュニケーションのためのヒント

※深層意識を引き出し、内面への気づきをより深めるためのエクササイズも用意しています。

※年齢、社会ポジションの違いによる視点や考え、行動の特徴を知るワークなど、参加者全員が主人公、 参加者同士で気づきを加速できるワークです。

【ワークスケジュール】

日時:2017 年5月27日土曜日 11:00~17:00(10:45 受付開始)

・「これからのキャリアトレンド」ECL 代表:修行憲一 株式会社ジェイブレイン代表取締役
・「エニアグラムワークショップ」ファシリテーター:中嶋真澄(ECL 専務理事)

※間に昼休みの休憩時間を設けます。

【参加費】

一般 5,000 円
学生 1,000 円

【お申し込み】

※参加ご希望の方は:info☆jbholds.co.jpまで(送信の際は☆を@に変えてください)
「セミナー参加希望」と題して、お名前、連絡先をメールしてください。
お申込み詳細はこちら:http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/e123393.html

【参加予定人数】

20 人

【セミナー会場】

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台 4-6 御茶ノ水ソラシティアカデミア 3F
JR「御茶ノ水駅【聖橋口改札】」より徒歩 1 分/ 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅【B2 出口】」直通 1 分/
東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅【出口 1】」より徒歩 4分/
JR「秋葉原駅」より徒歩 9 分/ 都 営地下鉄新宿線「小川町駅」より徒歩 6 分


【社団法人エニアグラム・コミュニケーション・ラボ(ECL)のご案内】

2016年12月13日設立 代表:修行憲一
下記の事業を展開します。
エニアグラムの普及・啓蒙活動及び情報提供、人材育成及び研修・教育事業、エニアグラム・ファシリテーター養成 、
セミナー、イベント企画、集客支援及びコンサルティング、映像・動画・デジタルコンテンツ等の企画、制作、配信及び販売、出版物の企画制作その他。

【ファシリテーター紹介】

中嶋真澄:米国エニアグラム研究所リソ&ハドソ ン・トレーニングコース修了。
2000 年よりエニアグラムアソシエイツにて活動。
著書『9 つの性格と 45 の相性』『最強の性格診断3×3の法則』ほか、 『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』など、心理 テストに関する著書は累計 120 万部のベストセラーに。
学生・一般社会人を対象にしたセミナーのほ か、大手保険会社の社内用タブレット版自己診断ツ ール、食品メーカー等の診断ツールの監修・ロジック提供などを行う。